自分に合った歯科医院を捜す

Written by on 6月 4, 2018

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を捜すということも考えていきましょう。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはそう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。
インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
それは、治療を行なう歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、誰にでも当てはまることではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置をとっても数日にわたって痛みがつづいているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院する必要はまずありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、充分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意して頂戴。これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。
インプラント体と言われる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部の義歯になる部分を装着します。費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。代表的なインプラント適用のケースは、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。
たとえば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。インプラント治療の適用には、頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)部のCT検査をはじめ、いろんな角度からのレントゲン、口腔内検査等、いろいろな検査を実施し、その結果を見て治療を始めるのが普通ですから安全性を確認しながら治療を受けられます。
治療が終わっ立ところで、重要なメンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用がつづくことを期待できます。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、自分に合った歯科医と歯科医院を捜すことです。
この治療では、すごく特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、経験豊かな歯科医に診て貰いましょう。
また、それに加えて、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの現状、治療についていつでもしっかりと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

0 Responses to 自分に合った歯科医院を捜す

    Comments are closed.