インプラント治療をうける

Written by on 12月 24, 2018

差し歯とインプラントはどうちがうのでしょうか。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。当然、歯が全く残っていない状態では、そもそも埋め込む先がない訳ですから、使えないのです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着指せ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも気にせず行なえるのが最大の特長であるといえます。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、マイナスの部分も理解しておいてください。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。高くついた場合、数十万円にもなることも覚悟して下さい。加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きるリスクも背負っています。障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。
これからインプラント治療をうける方にとって重要なのは、歯科医と、歯科医院の決め方です。すさまじく専門性の高い外科的治療を要するので、成功例ができるだけ多い、豊富な経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)のある歯科医を選ぶようにしましょう。
それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、きちんと感染症対策がなされている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。
旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行なうことができます。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の極めて高い医療スキルが物を言うといわれています。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いといえるでしょう。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。
検査など、治療の一部しか保険が聞かないのが高額の負担を強いる原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、困難な治療がふくまれると費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないで下さい。
利点も多いインプラントですが、治療をうける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。
その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れが中々引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察をうけて下さい。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが優っていると考えられます。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛い面があるのです。数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。それは本当のことではないのです。
磁気を当てて画像を造るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。

0 Responses to インプラント治療をうける

    Comments are closed.